ミニマリスト生活はじめます

朝食にパンを食べる人はパンにいろいろなものを塗って食べます。

使い切ったジャムやチョコクリームを食べきる生活の技

ミニマリスト生活はじめます 朝食にパンを食べる人はパンにいろいろなものを塗って食べます。バターの人もいればジャムの人もいます。カップに入ったチョコレートクリームなどもあります。何を塗るのも人それぞれ自由です。毎日のように食べて行けばいずれ中身が空になります。取り出すときはスプーンであったりジャムを塗るための専用のへらなどを使います。大抵はきれいに取りきることができません。

もうスプーンなどで取りきることができなくなってもまだジャムなどが瓶の側面に付いています。仕方ないとそのまま捨てる人もいますし何とかきれいに取って食べたいと考える人もいます。きれいに食べるための生活の工夫としてはパンを小さく切って直接瓶の側面にこすりつける方法があります。手が入ればですがそれによって少しついていたジャムなどもパンに付けられます。無駄がなくなります。

その他には別のスイーツとして食べる方法があります。バニラアイスクリームはバニラの味だけです。それをジャムの便などに入れます。するとアイスクリームにジャムの風味をつけることができます。アイスクリームは溶けて流れてくるので逆さにしているとすべて流れ落ちてくれます。この方法でも側面に残ったものをきれいに取りきることができます。無駄なく食べきることができます。